8月23日(火)、東京ビッグサイトで開催された「エンディング産業展2016」において、藤島社長が『冠婚葬祭業界の現状とこれからを語る』という演題で講演をいたしました。講演の内容は、「超高齢社会」と「無縁社会」という時代環境の中で、互助会業界と当社の課題克服の過程を振り返り、葬祭業界全体の将来展望(無縁社会と直葬の問題、単価低下問題、家族葬への対応、葬祭事業の枠組みを超える取組の重要性など)を俯瞰するというものです。詳しくは、レジュメ をご参照ください。