業界の指導団体(全互協)

当社は全互協と緊密にコミュニケーションをとりながらよりよいサービスの提供に努めています

一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会(略称:全互協)は、昭和48年11月2日、通商産業省(現経済産業省)の許可を受けた業界団体で、平成26年8月30日現在、正会員(冠婚葬祭互助会業者)236社(全互助会290社の83%)、賛助会員(関連業者)65社、計301社が加盟しており、互助会事業に関する(1)調査・研究、(2)合理化に関する指導、(3)苦情解決のための仲介・斡旋、(4)従業員に対する指導・教育・登録、(5)行政施策への協力、(6)広報活動などの事業を行っています。

また、全互協は、平成2年10月に「互助会加入者役務保証機構」(現在「互助会加入者施行支援機構」)、平成20年1月に「契約者保護機構」を創設しました。これらは、互助会加入者の結婚式、葬祭のサービス(役務)を受けられる権利を保証する画期的な機構です。

全互協の詳細についてはホームページをご覧ください

■一般社団法人 全日本冠婚葬祭互助協会
ホームページ:http://www.zengokyo.or.jp/
PAGETOP
Copyright © 2014 Mutual Service Aid Guarantee Corporation All Rights Reserved.